空室対策でお悩みごとがあるならトーマ不動産へ

ブランディング(エン沖縄)

昨日、エン沖縄の又吉真由美社長のお話を伺える機会がありました。
2年前から会いたいと思っていた経営者の一人です。
香港から始まり、現在、18店舗そのほとんどは、香港、マレーシア、インドネシア、ベトナムにあり、1店舗だけ那覇市上之屋にあるという沖縄居酒屋?です。
その中で、印象的な言葉が、
「香港から異業種の居酒屋を始めた当初は失敗の連続であったこと。」
「インドネシア出店の際には、宗教上豚肉を食べない人たちに対して、豚肉を出さない沖縄料理も考えたが、豚肉を出さない沖縄料理は沖縄料理ではないとの考えから、出店した。その結果、イスラム教徒の顧客でなく、現地の華僑の富裕層が顧客となった」
・・・等々、
私なりのまとめでは、沖縄料理という新しいカテゴリーを外国で切り開き、その軸を貫いたことが顧客の支持を得たという、沖縄の新しいモデルを築いた大変勉強になる話でした。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る