空室対策でお悩みごとがあるならトーマ不動産へ
  • 2013.5.13
  • 時代遅れの男でありたい! はコメントを受け付けていません

時代遅れの男でありたい!

ちょうど、私が以前勤めていた会社を退職して、4年が経とうとしています。
今日は少し昔の自分を思い出してみました。大したものではありませんが、生きた軌跡をちょっと振り返ってみようと思います、長くなります・・。
22歳で福岡の大学を卒業、中国人に囲まれて生活していたためか、中国語が話せるわけでもなく、特に何か考えていたわけではないですが、北京に行った時の高成長を目のあたりにしたショックで、好奇心から中国駐在員として海外赴任したく当時、海外で赴任できそうな未上場ながら世界NO1ファスナー会社へ就職するも、関連会社の建材部門の宮崎で働くことに。今まで見たことのない富山工場での新人研修でモノづくりを目にして、わくわくしたことが今でも印象深いです。ただ、配属先での人間関係や仕事の進め方などでうまくなじめず、約1年で退社。

「さて、次はどうするか」と考えていたところ、思うところあって、23歳で県内最大の会社?に入社して、社会人としての礼儀、付き合い方、仕事に対する取り組み方、考え方などを先輩方から教わりました。30歳になる手前で退職。家族、職場の仲間からの反対。肩書きや給与などあの時に捨てて、あるのは今までの貯金とやる気の2つ・・・。コネや資格なし。「何かやりたい」という気持ちだけ。

インターネットで検索した10名の社長に会いに行き、また中国深センで中国人の兄と人生について語ったり、台湾へ李登輝先生にお会いし、これからの自分の人生を模索した30歳でした。

その後、不動産業にて起業するため採用面談で「将来独立する前提で勉強させて下さい!」とお願いして、OK。2年間の不動産会社勤務、職場から徒歩4分の立地に引っ越し。365日中350日は仕事と宅建の資格勉強を2年間、マクドナルドで早朝6時からひたすら過去問の勉強。1年目は不合格、2年目にやっと合格。仕事をして分からないことは、本を読み、実践して、その繰り返し。経営の勉強のため、先輩などから勧められた本や自己啓発セミナーなどは積極参加。賃貸業務➔管理業務➔売買業務➔建築関係&新入社員の教育を1年間真剣に向き合い、人の能力を引き出せることのできる人間でありたい、2年で自分ができる精一杯の努力でやりました。あれから、去年の9月に法人設立し、あっという間に起業して1年が経ちました。

私が当時27歳のころに影響を受けた先輩50代が演歌が好きで、スナックでカラオケをお供する度にこの曲を聴きました。剣道でも指導していただき仕事に対する姿勢、考え方など教わりました。私にとってこの方の、振る舞い、行動、接し方がカッコよく、いまでも忘れられません。私が影響を受けた一人です。起業してもまだまだ未熟な自分ですが「時代遅れの男でありたい。」一緒にお酒を飲むことはもうないですが、職業が変わっても先輩のように背中で語れる、影響の与えることのできる男でありたいです。

<iframe src=”//www.youtube.com/embed/KvCIiTUln8A” width=”580″ height=”415″ frameborder=”0″ allowfullscreen=”allowfullscreen”></iframe>

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る