空室対策でお悩みごとがあるならトーマ不動産へ

私のキャリアマネジメント~20代の教訓~

こんにちは、私が30代前半になって、20代のころを振り返って、経験した教訓をまとめてみました。
20代前半の方には役に立つと思います。
(問いかけ)
私の20代の経験から、キャリア形成に対する教訓は?
(20代の教訓)
1.仕事を覚える。
2.稼ぐ力を身につける。
3.目的がないと、日々に流される。
4.海外は、早いうちに見て、体感すべし。
5.海外の友人は、新しい発想を与える。
6.本当に勉強したい気持ちになってから、勉強する。
7.やりたいことは簡単には見つからない。常に意識して、目の前のことを精一杯すると少しずつ見えてくる?
8.上昇志向と独立志向は違う。
9.知らなかったから取れるリスクもある
10.会社を辞める時は、後の関係を重視せよ。
11.習慣は大切(読書、健康)
12.若いうちに一度地獄(仕事)を見ておくこと。(他の仕事が簡単に見えてくる。楽に感じてくる)
13.すべての体験から学ぶことはある。
14.しっかり仕事して、まじめに悩む。
(問いかけ)
※現在の自分(33歳)が20代を振り返った時、「今、高校卒業を控えていたら選択するパターン」は?
(反省)
高卒後、何も考えないままに経済学部へ。(当初、歴史学か、法律学か、何を選択するか分からず、いつの間にか経済学へ)
最初の1年は、つまらない学生生活。2年目から大学の恩師にめぐり合い、ゼミへ(経済学の魅力がわかり必死で勉強「、ゼミの机上の空論では終わらない、テーマは「闘う経済学」でした、ビジネス系の雑誌などを読みつくすため図書館にこもっていました)。それでも、振り返って4年間を有効に使いきれてなかったと思っています。
特に、高校卒業後、大学進学のパターンですが、おおよそ学ぶ目的意識がいないと4年間が有意義に過ごせない。
(4年間学費約400万円~、学費は無料ではない、学費以上に勉強したか?自分探しがつづく?、サークル活動は有意義??、無駄な飲み会?)
(転機)
これまで順調な人生を送るはずだった?27歳での職場上司から厳しい指導
※これまでの自分のキャリアプランをすべて覆す。
 「本当にこのままでいいのか」第二期モラトリアムへ。
  →27歳から考え、30歳で退職。
   大きい組織(ステータス、肩書、年収など)は、人生であまり大したものではないことに気づく。
    自分で稼ぐ力を身につけることが本質。外部(国内環境、職場環境、両親、上司など)に左右されない自分の人生。
以上踏まえて、最近気づいたおすすめのパターンは、
高校卒業後
→まず何でもいいから仕事に就く(約3年・19~22歳、仕事を覚える、社会の仕組みを覚える、雇用形態(正社員、契約社員)は関係ない)
→学習したいテーマ(目的)を持って、大学や専門学校へ通う、留学してみる(22~26歳、勉強する)
 フォトリーディング(速読)を習っていると、読書スピードが約1.5倍~5倍?になり、大幅に知識が増える。これからの学習を支えるベースになる。
 バックパッカー(世界を歩く、長期休みを利用して)、頭の中の世界感が拡張する、価値観が変化する?
→関心のある分野の会社で働く(26歳~ )
  ※この時期になると、自分の道が少し見えてくる??
→働きながら、その都度テーマにそって勉強(読書)していく。
  さらに、勉強したいと思えば、MBA?
  海外で働く?起業する?
   ※やりたいことをやる!!人生を楽しむ!!世界がステージ!!!
  
    ※ライフステージ(結婚、子育て、親孝行など)
やはり、ポイントは早いうちに「働く意識」を持つことだと、感じています。
大前研一(もし今高校生だったら就職する)
http://www.news-postseven.com/archives/20110411_17246.html
他にも、良い案があれば、どしどし教えてください!!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る