空室対策でお悩みごとがあるならトーマ不動産へ
  • 2020.7.9
  • 1万時間を投入してみる はコメントを受け付けていません

1万時間を投入してみる

1万時間の法則」とは、ある分野でスキルを磨いて一流として成功するには、1万時間もの練習・努力・学習が必要だというもの。 エリクソン教授らの研究をもとに、マルコム・グラッドウェル氏が提唱しました。 「天才は1%のひらめきと99%の努力でできている」という言葉もあるように、努力の大切さは誰もが知っています。

また、藤原和博氏が提唱する「3つのキャリアを掛け算して100万分の1の人材になる――藤原和博氏が語る人生100年時代の働き方」でも3つのキャリアを掛け算して大三角形をつくる と人材としての希少性が飛躍的に高まると述べられています。

 動画 https://www.youtube.com/watch?v=Awuv8fMnw9w&feature=emb_title

石の上にも三年、1万時間の法則とは、何毎に置いてもある一定のレベルになるには大体1万時間かかるというもので、1万時間を3年で割ると一日約9時間になります。

仕事の場合、9時間を集中的に実践すれば、3年である一定レベルに到達する感覚で体感的にも外れてはいないと思います。

時間だけではく継続的な質の追求や集中力、センスも重要、それによってトッププロか、アマレベルなのかに分かれます。まずは量をこなすこと。

仕事以外で自己啓発や趣味で自分磨きをし、人に見せらるレベルで成果を出すにはこの3年という継続期間が一つの目安になります。

何かを始める時は「今日から3年間は捨ててみる」という覚悟で始めてみると良いと思います。その場合の時間の使い方としておすすめは、朝5時から6時までに起きることです。朝の時間を勉強や研究に当てると仕事の質が高まっていくことは、多くのプロフェッショナルの方々で実践されています。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る